FC2ブログ

邯鄲堂の寝言

鳥取市内の古本屋「邯鄲堂」の店主の四方山話

≫ EDIT

お知らせ

☆5月の休業日はこちら ☆

☆4月の休業日はこちら ☆

| お知らせ | 11:30 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新入荷のご案内

10連休をいかがお過ごしでしょうか。
残り少なくなった休日は、そろそろ古本屋にでも出かけてみたい気がしませんか。
邯鄲堂はいつもどおり開店しています。

新刊がいくつか増えたのでご案内です。
写真 2019-05-05 17 15 09
岡田一実
『記憶における沼とその他の在処』

松山在住の俳人、岡田一実さんの第三句集です。
日常の一部を抉り取ってライティングする。思いもかけぬドラマティックな陰影が浮かび上がる。
タイトルに「沼」とあるように、何か生温かい、濃密な湿度のようなものを覚えました。
著者サイン入り。

写真 2019-05-05 17 15 25
『鳥取文芸選集 第46集』

昨年末のブログで少し触れましたが、当店おなじみの漆原正雄さんの
第一回川端康成青春文学賞奨励賞作品『梨の花』が、書籍として初収録されています。


4月末から野暮用があって4日ほど休み、昨日久しぶりに出勤しましたら、
邯鄲堂の植物たちが一斉に動き始めていました。
写真 2019-05-05 17 15 49
スミレが咲いて

写真 2019-05-05 17 16 04
薔薇の蕾がふくらんで

写真 2019-05-05 17 16 28
蝋梅の芽が顔を出しています。

邯鄲堂の隠れた人気商品、
「お母さんのポーチ」にも新作が登場しましたよ。
写真 2019-05-05 17 19 02

| 新刊書/作家物 | 18:09 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5月の休業日

5月の休業日

1日(水)、2日(木)、3日(金)
8日(水)
15日(水)
23日(木)
30日(木)

よろしくお願いいたします。

| お知らせ | 12:12 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

田中千鳥を知っていますか

201903302.jpeg
田中千鳥 たなか・ちどり(1917~1924)
鳥取県気高郡正条村浜村生まれ。
80余編の詩文を遺し、7歳半で没。

この度、千鳥の詩に魅せられ、地元でもほとんど知られていない彼女を現代に語り継ぐ活動をしていらっしゃる〝千鳥百年プロジェクト〟の山田哲夫さんとご縁があり、近年出版された『千鳥遺稿』(税込1620円)の再々復刻版と、絵本『千鳥のうた』(税込1080円)を邯鄲堂で販売することになりました。

田中千鳥の母親は、あの尾崎翠と同時代を生きた郷土の作家・田中古代子。
20代で長女・千鳥を亡くした古代子は、彼女の遺作を集め、『千鳥遺稿』として編纂し世に残しました。
千鳥のことばはあどけなく、幼いように見えて、
ぽっかりと大きく底の見えない深淵を覗くような、果てのない空の向こうを見渡すような、どこか達観したまなざしを感じさせます。

千鳥ポストカードセット(税込540円)も販売しています。
鳥取で生まれた知られざる少女詩人の作品にぜひ触れてみてください。
〝千鳥百年プロジェクト〟のウェブサイトも右のリンク集からどうぞ。

201903301.jpeg
今日の店内の花は常連M氏より頂いた木瓜と椿です。
毎度自己流のぶちこみ生け花ですが、瑞々しい濃い緑とちょっと婀娜っぽい赤と、古い小鹿田の甕の色のコントラストがなかなか色っぽくて自画自賛しています。
花と器のおかげでどうやってもそこそこ恰好がつきます。

| 新刊書/作家物 | 16:20 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4月の休業日

4月の休業日

4日(木)
10日(水)、11日(木)、12日(金)
18日(木)
24日(水)
30日(火)

4月は3連休があります。
よろしくお願いいたします。

| お知らせ | 11:56 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT