邯鄲堂の寝言

鳥取市内の古本屋「邯鄲堂」の店主の四方山話

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

器の修理見本

器の修理の仕上がりの参考画像です。
金、錫、漆という、三色の仕上げが可能です。
器の色合いや格、用途に見合う仕上げをお選びください。

IMG_9171.jpg
これは店主の私物です。
たくみ工藝店で買った瀬戸の飯椀、数年捨てずにとっておいたのですが、この度修理して、見本代わりに苔玉受けにしました。

女性の手にちょうどいい小ぶりの碗で、破片のない欠けが2×2.5cmほど。
これの場合、一番リーズナブルな漆仕上げで2800円くらいで承ります。

目安となる料金表をご用意していますが、最終的な見積もりは修理品の実物をお見せいただいて、器の形状、破損の状態をふまえたうえでさせていだたきます。

ご不明な点は電話かメールでお問い合わせください。

| 器の修理 | 15:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |