邯鄲堂の寝言

鳥取市内の古本屋「邯鄲堂」の店主の四方山話

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新刊書のご案内

青森県出身の放浪の詩人、佐藤幸樹さんの3冊目の本が鳥取の西町文庫より出版されました。

IMG_9493.jpg
「あいと 時々 散歩」佐藤幸樹  820円(税込)

店主の友人の銅版画の三嶋紗織さんの作品が表紙です。
「放浪しながら詩を書いている面白い人がいて、今度うちで本を出すんです。彼の詩のイメージに三嶋さんの作品が合うと思うんですがどうでしょう……」
と、西町文庫さんから店主にお話があったのは今年の早春のこと。
いわばちょっとした仲介役を引き受けたご縁で、当店にも出来上がった新刊を置かせていただくことになりました。

佐藤幸樹さんがそれまで書きためた詩で処女詩集を出版したのは40歳の時、
それがたまたま鳥取で、たまたま綜合印刷株式会社(西町文庫は同社の出版部門です)だったと聞きました。
3冊目にして再び処女詩集と同じタッグで編まれた本作は、気合いもひとしおのように感じられます。
文庫サイズの気楽に手にとれる本ですが、ページを繰ると、活字のひとつひとつから作者と印刷会社さんのこだわりが伺える濃い一冊です。
前半は詩集、後半には1993年作品の小説がおさめられています。

IMG_9494.jpg IMG_9495.jpg kururi.jpg
実は箔押しの表紙のタイトル文字は3色のバリエーションがあるという楽しい仕様です。
お好きな色をお選びください。(内容は同じです)
関連記事

| 新刊書/作家物 | 13:05 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://kantando.blog.fc2.com/tb.php/136-0c967201

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT